ハードロック・ヘビーメタルについて語ります。 ときどき「たわごと」も話します^^;
プロフィール

ロックシティ

Author:ロックシティ
好きなもの:
美味しい食べ物。特にラーメン。
美味しい音楽。主食はHM/HR。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
m(_ _)m

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:そこの君、ちょっと僕のCDラックを整理してくれないか?
月別アーカイブ

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



TO 名古屋

...2007/07/28 00:57...

明日(今日?)は車で名古屋に向かいます。
朝出発して、およそ4時間の旅です。
今日は連れて行くアルバムのご紹介です。

では、さっそく・・・

<行きのアルバム>

1.「PAINKILLER / JUDAS PRIEST」
  
  いきなりパワー全開です^^はじまりのドラムの乱れ打ちで
  お目覚めモードです♪

2.「END OF ALL DAYS / RAGE」 
  最近お気に入り、RAGEのアルバムです。少しずつRAGEの
  アルバムを集め始めてますが、今のところこのアルバム
  が私は一番好きです^^ パワー・メロディともに一級品!
  名盤です^^♪

3.「NEWS BEAT / THE MODS」

  外人さんじゃありません。日本のロックバンドです^^;
  実は、日本のBANDで全数アルバム揃えてる数少ないBANDです。
  このアルバム収録の「夜が呼んでいる」という曲を最初に
  聴いてからのファンです。なんか「スコピ」に通じる
  冷たい都会の雰囲気が出てて好きなんです。
  あっ、ちなみに彼らは一応「パンクバンド」です^^;

4.「SCRATCH / KAERA」
  あはは・・・^^;木村カエラです^^;
  結構好きなんです。「MAGIC MUSIC」という曲を聴いて好きに
  なりました。

5.「TROPIC OF GRADUATION / YUTAKA OZAKI」

  あはは・・・^^;今度は尾崎豊です^^;
  彼のアルバムも全部とはいきませんが、ほとんど持ってます。
  彼のロケンローはハートに響きます。アツイです^^
  運転しながら熱唱です。

・・・とまぁ、今回はメタルが少ないです^^;
  
あまりメタル漬けしすぎると、新しく聴くアルバムに対して
冷静な耳で聴けなくなってしまうのですTT
ちょっとお休みして、渇望してメタルを聴くと「評価3」の
アルバムが「4」になったり・・・。

とりあえず、私がただの「メタル●カ」ではないことが
わかって頂けたでしょうか・・・?^^;

    

スポンサーサイト




愛すべきGuitaristたち ②

...2007/07/24 22:07...

前回の続き、VANDENBERGのお話Part2です。

私はVANDENBERGのアルバムは1stが好きなのですが、
日本では2nd「HEADING FOR A STORM」の方が知名度
が高いですね。

「HEADING FOR A STORM / VANDENBERG 」
heading for


良い曲揃ってます♪ ハード“ポップ"ロックです^^
このアルバムには、自分が弾きたくなるソロやリフがたくさん
あって、その中でも「THIS IS WAR」のソロは今でも指慣らしに
必ず弾きます^^

彼のGuitarって、コピーするのにカンタンではないですが、
「参った!」と投げ出すほど難しくもないんですよ^^
で、強力に良いメロディとくれば、コピーしてて楽しく
なっちゃうんですよねぇ~^^

1stに比べるとPOP度が増して、サウンドももはやオランダの
(ヨーロッパの)BANDとは思えない明るさを醸し出してます。
3rd「ALIBI」になるとさらにそれは顕著になり、LAメタルを
意識してるのか!?という感じもしてしまいます^^;

「ALIBI / VANDENBERG」
ALIBI

3rdは、今ではあまり聴いていませんが、インストの
「KAMIKAZE」は、私の「お気に入りGuitarインスト
集」の中に収録されております^^

曲名をみると、日本のファンには感謝してるんだなぁ
というのがわかりますね^^
で、曲を聴くとVANDENBERGは「マイケル・シェンカー
のファン」なんだなぁというのがわかります^^;
だって、この曲の構成って思いっきり

「INTO THE ARENA」だもん!^^;



彼はなんでイマイチメジャーになれなかったのでしょうか?
それは時代も悪かったんでしょうね。
この時代は、Guitarヒーローの出現ラッシュで、
同時期に現われたNIGHT RANGERは、
アームをグイングイン使ったり(ブラッド・ギルス)、
8本指でGuitar弾いたり(ジェフ・ワトソン)と話題の
ネタを振り撒いておりました。

エイドリアンは確かに上手いGuitaristなのですが、派手
さがない・・・ 難しいテクニックをやっててもソツなく
こなしてしまうので目立たない(LIVEでのお話です)。
そんでもって律儀で真面目な性格が少々災いしたのかも
しれませんね。

ホントに良いフレーズを弾くのになぁ。

V.BERG


--------------------------------------------

最後にVANDENBERGのもうひとつの顔^^
彼は画家でもあるんですよね。アルバムジャケは彼の
作品であると知ったときはビックリ!でした。

し、しかし・・・
私にはVANDENBERG画伯の頭の中が理解できません・・・
な、なんだこれわっ!(((((^^;ピカソノファンカ!?

G1


興味のあるかたは是非ご覧になってみてください^^;
  ↓ ↓ ↓
http://www.vandenberg-art.com/

G2








愛すべきGuitaristたち ①

...2007/07/22 00:47...

前回書きましたマイケル・シェンカーは、私の愛するGuitarist
の一人です。彼の人生の「苦悩」というエネルギーから発する
哀愁・泣き・怒りという感情をGuitarで表現する・・・
いや、表現できる!伝えられる!ということが素晴らしい!^^
(Gary mooreもそうですねーー^▽^/)

こんなこと書くと怒られるかもしれませんが、MSGのアルバムは、
私は「曲を聴いてる」というよりも「Guitarを聴いてる」という
感じです(((^^;

もひとつ好きなところはサウンドです。
中域をブーストして、軽くワウ(クライベイビー)をかけた
音がすごく好きなんです^^キンキンシテナイオトノコトデス!

さて、この「音」ですが、80年代に似たような「音」を出してた
Guitaristがいます。それが、「オランダの巨人」、

エイドリアン・ヴァンデンバーグ

です^^
VANDENHITO
        ↑
蝶ネクタイがトレードマークでした^^; んで、デカい・・・^^;
        
1st「VANDENBERG」2nd「HEADING FOR A STORM」3rd「ALIBI」・・・
この3作でBANDは消滅してしまいました TTオシイ!!

Whitesnakeにおける彼は、渋くて悪く言うと地味になってしまい
ましたが、上記3作では、テクニカルでフラッシーでエモーショ
ナルでクラシカルで耳に残る印象的なソロを披露してくれました^^
マイケルに似た感じのクライベイビーサウンドが聴けるのは特に
1stアルバムです。
「VANDENBERG / VANDENBERG」
VANDEN1ST


全体的にPOP&キャッチーなメロディの「ハード・ポップ」ロック
です。で、Guitarも泣いてます^▽^ 
ギターソロも、痒いところに手が届く、ツボを押さえたフレーズ
を聴かせてくれます^^ワタシ、ダイスキデス!!

1. Your Love Is in Vain
2. Back on My Feet
3. Wait
4. Burning Heart
5. Ready for You
6. Too Late
7. Nothing to Lose
8. Lost in a City
9. Out in the Streets


2.はGuitarリフのカッティングが気持ちいいリズミカルな
 曲です。

3.は、始まりのアコースティックGuitarがいいですね^^
 曲も泣き泣きです^^

4.はバラード。Guitarソロは「弾いてる」というより、
 「唄ってる」という感じです^^

6.このアルバムのハイライト。私、この曲のギターソロを
 必死になってコピーしました。できませんでしたけどね・・・TT
 だって・・・ 
 ライトハンド奏法の部分が長いんだもん・・・TTグチャグチャニナッテシマウ・・・

9.スピードチューン!イントロのドラムと歯切れの良い
 ヴォーカルラインがかっこいいです。もちろんGuitarも
 ◎!!(^▽^)/

他の曲もハードでメロディアスで良いですよ!♪^^

アメリカでは当時、Night Rangerよりも売れたアルバムだった
とか・・・
彼はもっと評価されてしかるべきGuitaristだと思います。
でも、ホントに地味になっちゃいましたねTT


次回は、2nd・3rdアルバムと、VANDENBERGの「もうひとつの顔」
のお話です^^ユウメイデスネ!








あぁ、これが噂の・・・<限りなき戦い/MSG>

...2007/07/19 19:56...

テープでは持っていましたが、CDに買いなおそうと思っている
うちに時は流れ、カセットデッキが壊れてはや8年・・・

先日レコファンでみつけて手に入れました^^

「BUILT TO DESTROY / MSG」
限りなき戦い

実に8年以上ぶりの再会です。

う~ん、おねぇさまセクシ~、あぁ~Vもったいない(゜□゜;

このアルバムは80年代のアルバムの中でもかなり聴き込んだ
アルバムのひとつです。MSGのアルバムの中でも当時一番
聴いたアルバムかも知れません。

かなりPOPで軽やかなのでMSGのイメージとは違いますが、曲が
いいのでお好みなのです^^ ネモ船長もいるしね^^

さぁ!リズミカルなシンセではじま・・・らない・・・?;

あれっ;?・・・

しばらくして思い出しました。「限りなき戦い」って、いわく
つきで発売後すぐに、アメリカ進出用にリミックスされたんで
すよね。
「これがそのアルバムか・・・」

全体的に、なんかヘンなリヴァーブがかかっててミョー・・・?
オリジナル版より、曲にソリッド感がなくなってますTT
伊藤政則は「リミックス版はマイケルのギターが前面に出てる!」
と言ってますが、ヘンなリヴァーブのせいでせっかくのマイケルの
ギターのエッジがボケちゃってますTT
なんてことをしてくれたんだ・・・。

ときおりマイケルのギターソロにうるさく絡んでくる音は
なんだ!?じゃますんなよー(`´)この音の犯人がマイケル
本人ならもちろん文句なしですが、「なんちゃらホルムス」って
いうわけわからんギター人の仕業だったら断じて許せん!!

「SYSTEMS FAILING」でも、VOCALのサビにかっこよく絡んでくる
シンセの音が引っ込んじゃってるし・・・

・・・などとプルプル震えながら聴いてましたが、やっぱり
マイケルのギターと素晴らしい曲を聴いてるうちに、
そして、私の大好きな曲「RED SKY」との久しぶりの再会の前に
怒りもなくなっておりました^^ 「RED SKY」のリフはいかにも
マイケルらしいですね。イントロは特にカッコいいですね♪
エンディングのソロは本当に“美しい!"という言葉がピッタリ
です^^*

ただ、ひとつ!「ネモ船長」だけは不満でしたTT

・マイケルのギターのジャマをしないでくれ~
・転調した時の、マイケルのギターの“合いの手"みたいな
 ドラムはなんだ~?

・それとエンディング。
 オリジナルはエンディングがフェイドアウトして終わるので、

 「ネモ船長行ってらっしゃ~い(^^)/~」

 という感じですが、リミックス版はドラムでダダダン!と
 〆てしまうので、

 「ネモ船長の航海はこれにて終了~!チャンチャン♪」

 ってな感じになってますTT 号泣ですよ、これは・・・。

マイケルが不本意にもしなければならなかったリミックス・・・
でも、「THE DOGS OF WAR」は結構カッコ良くなってたかな?^^;

でもやっぱ、オリジナル版が恋しいですーーー・・・TT
でもやっぱ、マイケルのギターはカッコいいですーーー(^▽^/♪


それにしても、音悪いなぁ~^^;








7月16日 懐かしの池袋

...2007/07/17 00:06...

今日は午後から池袋に仕事がらみで行く予定があり、
午前中はゆっくり・・・のハズでしたが、またまた
始まりました、工事が(++!

今回は、「パンテラ / 俗悪」で対抗しましたが、
やっぱり負けましたTT  で、早めに池袋へ出発。

地震の影響で田園都市線もダイヤが乱れてます。
びっくりしたのが、三軒茶屋を出たところで、
車内の電灯が全部消えた!@@;
30秒くらいで復旧しましたが、地下鉄で電気が
消えると結構コワイです^^;トンネル内の電灯が
あるので真っ暗にはならないのですけど薄暗いと
かえってブキミだったり・・・^^;

10数年ぶりの池袋です。なつかし~ 
いや、ソートー変わりましたね。ただでさえ難解だった
地下が輪をかけてわからなくなってます^^;

地上に出よう・・・++;

時間がずいぶんあるのでちょっと寄り道。
向かった先は我が母校!
rikkio

こじんまりしていて、アットホームな感じでいいキャンパス
です♪

私はここで勉強もせずにHM布教活動をやってました^^;
当時、無理やり彼女をライブハウスに連れて行ったら、
帰り道でフラフラになって自転車に撥ねられて入院する
という事件を思い出しました^^;

それと悲しい思い出・・・
私の一番仲が良かった友人もHM信者になったのですが・・・
大学卒業して一年半後に病気で亡くなってしまいました;;
急性骨髄性白血病だそうです。彼はハロウィンをこよなく
愛しておりました。守護神伝を聴くたびに今でも彼のことを
思い出します;;

気をとりなおして・・・

東口へ行ってササッと仕事をかたづけて駅前に行ったら、
ますぞえさんが街頭演説してました。
masuzoe

政治のことはそんなに詳しくありませんが、話もわかり
やすくアツイ思いが伝わってきて結局最後まで聞いてし
まいました^^;

帰りにレコファン寄ってきました♪

目当ては、今マイブーム(死語?^^;)のRAGEとNOCTURNAL RITES
でしたが、NOCは持ってるのしかない・・・。
でも、RAGEはめーっけ!♪^^

お買い上げは、「MISSING LINK / RAGE」と、お値打ちだったので
買いなおした「BUILT TO DESTROY / MSG」です^^

また後日レビュー書きます。








過去に遡ってみました ~RAGE~

...2007/07/15 12:16...

以前に、「END OF ALL DAYS」の記事を書きましたが、
結局過去に遡ってみました。

GETしたアルバムは、

  TRAPPED! / RAGE
  TRAPPED!

RAGEを好きな方、またはRAGEを知っている方にお尋ね
いたします。このアルバムってひょっとして、
「名盤」なんじゃないですか!?
たまたま中古CD店にあったのでこのアルバムをGETになりましたが、
これ、大当たりです^^!

最初から最後まで、「次はどんな曲なんだろ」とワクワクしながら
聴けるアルバムはそう多くありません。
最近ではノクタ「THE 8TH SIN」がそうでした。
(「次の曲こそはいい曲なんだよ、きっと」とハラハラするのも
  よく遭遇しますね^^;)

バキバキドラムに重金属ギターリフ、そして抑揚あるVoメロ。
RAGE節が炸裂でゾクゾクします^^
最初に聴いたアルバム「THE END OF~」と比較すると、Voの
P.ワーグナーが高音を出してますね^^これもまた良いです。

曲調もメジャーキーを上手く使ったPOPでキャッチーな曲が
あります。速い曲も速度が少々上に感じます。
2.「Solitaly man」なんかがそれで、一発でお気に入りです^^
言ってみれば、“POWER POP METAL"といった感じでしょうか。

ACCEPTの超有名曲、「FAST AS A SHARK」
をカヴァーしていますが、これもRAGE流に料理されて、アルバム
の中になんの違和感なく溶け込んでいます。演奏している本人達
も非常に楽しそうです。好きな曲なんでしょうね^^

サウンドは、重厚感・安定感は現在のほうが上ですが、
タイト&シンプルでストレートにぶつかってきて好感が持てます^^
なにより、一生懸命さがヒシヒシ感じられる快作です。
元気いっぱい!アツイ思いが伝わってきます!^^
ガッツ溢れるジャーマン魂!!
RAGE未体験のかた、オススメですよ^^♪

またこの時代のものに手を出してみようと思いますが、
次もニンマリさせてくれるでしょうか?^^











休日の朝のグチ(--;

...2007/07/14 11:42...

今日から3連休です。初日の土曜日はゆっくりしよう
ということで、前日は夜更かし^^
溜めてあったテレビ番組の録画をみてました。

そして今朝・・・

午前8時。

「ドッカーーーーーン!!」

という爆音と振動に飛び起きました@@

地震?!なに?なに!?(゜□゜;

窓の外をみると、向かいの家をぶっ壊してました・・・。

07.07.14.AM


普通事前に言いません?
近所迷惑甚だしいです。(--メ;
非常にご機嫌ナナメとなって、先日記事で書いたアルバム、
「DEFENDERS OF THE FAITH」を大音量再生で対抗しました
(あっ、これも近所迷惑・・・?(((^^;)

午前8時から始まって、現在11時半。まだ爆音を轟かせてます。
負けました・・・。
雨ふってますが、外出します







KEEP THE FAITH

...2007/07/12 12:25...

最近、(私にとっての)新しいアルバムを聴く事が
多かったので、ここでいっちょ“原点回帰"です。

以前記事にも書きましたが、私のHMのきっかけアルバムは、
「IRON MAIDEN / IRON MAIDEN」です。

そして、「HMで感動した」最初のアルバムは、

「DEFENDERS OF THE FAITH /
              JUDAS PRIEST」
です。
         DEFENDERS OF THE FAITH


前作「復讐の叫び」は周知の通り“名盤"で、曲質・構成も
素晴らしいと思いますが、
アルバムの持つ雰囲気、荘厳さにおいては本作「背徳の掟」
のほうが上まわっており、神々しささえ感じてしまいます^^

だが、しかし・・・なんと恥ずかしいジャケだこと・・・
(牛?戦車?なんだコイツわ^^; でも強そうだゾ!
Iron maidenといっしょで、レジに持ってくのが恥ずかしい
アルバムでございます・・・。

1. Freewheel Burning

嵐の予感のツイン・ギターからすかさず重たくスピード
あるリズムにいきなり「おぉぉ!」です。
ん~ こういう突進型ギター・リフ大好きです。
そしてロブのシャウト! 

「オープニングは速い曲!」という“HMの王道"を行ってます。

中盤のロブの何言ってるんだかわかんない早口言葉みたいな
のもいい!(英語だからもともとわかんないんですけどね^^;)

ギターソロもグレン・ティプトンとKKダウニングのバトル
からドラマティックな展開へ・・・。泣けてきます。

2. Jawbreaker

ライブでオープニングを飾っていた曲。
正統派HMとはこうあるべき!的な様式美HMな曲です。
こういう哀愁美的曲大好きなんですー^^

3. Rock Hard Ride Free

ミドルテンポのリズムとギターのカッティングが心地よい曲。
アルバムの中でいい味出してます。

4. The Sentinal、6. Eat Me Alive

THE 正統派HMチューン。
2人のギターの掛け合いがカッコよく、ツインギターの
醍醐味が味わえます。

8. Night Comes Down

いい雰囲気出してます。「妖しい夜がやってくる・・・」
といった感じのバラード曲です。
これも、メタル・ゴッドならではの世界だと思います。

ラストはズッシリとしたリズムで、メタル神に忠誠を誓いながら
荘厳に退場・・・という感じ。
まさにメタル・ゴッドに相応しい終わり方です。

これ以前のJUDASを知る方の中には、このアルバムは若干異色的に
感じる方もいらっしゃったかと思いますが、
私にとってはこのアルバムは、まさに「HMのバイブル」です。
(ちなみに、私にとってのPOWER METALのバイブルは
 「RIOT / THUNDERSTEEL」です^^)

アルバムの裏ジャケに書いてあるメッセージも意味深です。


  THE METALLIAN

 RISING FROM DARKNESS WHERE HELL HATH NO MERCY
    AND THE SCREAMS OF VENGEANCE ECHO ON FOREVER,
 ONLY THOSE WHO KEEP THE FAITH SHALL ESCAPE
 THE WRATH OF THE METALLIAN・・・

MASTER OF ALL METAL
                              」
                       

どなたか上手く訳していただけませんかぁ・・・(((^^;








パンドラの箱オープン・・・^^;

...2007/07/08 23:54...

私が一度聴いて、いや、1曲を聴き終わらずして恐れ
おののいたジャンル・・・(((^^;ヒェェェ~

ですデス。(あっ、逆だ^^;動揺・・・?)

なぉさんからデスのCDをご紹介頂きましたが、とりあえず
何枚か持ってるハズなので掘り起こしてみました。

あっ、あった・・・



このアルバムは、当時関係会社の方から試聴品として頂いた
モノだったと思います。ってか、デスアルバムはみんな貰い物
だったり・・・^^; だから真剣に聴かなかったのかも
知れませんね。

このBAND、いわゆる、
“メロディック・デスメタル"(って書いてある^^;)
です。私のデス初体験アルバムです。

10何年かぶりに封印を解きます。
恐る恐る再生ボタンON・・・
「お?幻想的に曲が始まり・・・お?ちゃんと歌ってるぞ?」
怪しげでカッコイイリフが流れます。
「お?イケるじゃん♪」と思っていたのもつかの間、

「ダイダボボヴァーイ!☆※△?ドボボボーゥ!!!++;」
(((((((((^^;ギャァ---!コロサレルー!!

当時を思い出しました。
当時は2分持ちませんでした・・・++;

「うっ、ここで負けては昔と同じ。進歩ないぞ!」

と自分に言い聞かせ、続けて聴きます・・・。
ここからはVoのダン・スウァノ君との闘いです
それにしても、一体どこからこんな声が出るのでしょう?
ポリープできちゃいそうだゾ。

*****50分の格闘後・・・*****

後半はもう、なんだか麻痺した感覚でわけわかんなくなりま
したが、このアルバムを通しで聴けたことは、私には大きな
前進です。3,5曲目なんかは、むしろ「結構いいかも!」
などと思えたりもしました^^ 

それにしても、曲はいいですし上手いですね!
ちゃんと歌えばいいのに・・・^^;

デスメタルというパンドラの箱を開けた後、

「聴ける希望」

が、ふわ~っと飛び出てきました^^

とはいえ、私レベルで聴けるということは、きっとこのアルバムは、
デスの序の口なんでしょうねぇ・・・TT







もっとパワーを!<Pretty maids>

...2007/07/07 01:35...

80年代から活躍していて、今なお存在するMusicianの中で私が1st
アルバムから全部CDで持ってるBAND/Musicianというと、

●Iron Maiden (大好きです^^)

●Yngwieモノ  (ここ十数年の彼は苦手なのに何故か全部
         持ってる・・・^^;ひょっとしてファンか!?)

●Gary Moore  (もう、ギターファンとしての意地ですね^^;)

と非常に数少ないです。(テープ/MDを含めると、LEPPS、NIGHT.Rなど
まだまだありますが)

で、先日また1BAND増えました^^

それは、PRETTY MAIDSです。

PLANET PANICまでは持っていたのですが、このアルバムが
どうもあまり印象に残らずにほとんどお蔵入り状態・・・。
新作を買おうかどうしようか迷っていて、ズルズル・・・。

先日行った中古CD店で発見したので、手に入れました^^

Wake Up to the Real World /
PRETTY MAIDS
P.M WAKE UP


1曲目でこんなさわやかなPOPナンバーが来るとは予想外でした。
Van halenみたいです。もっと中ほどに位置したほうが
良い気がします。良い曲ではあります^^

2.は笑いました(((^▽^)))
おーい!Iron maiden好きなのかい!?
リフがモロ「number of the beast」です^^ 
でも好きな曲です。

6.は、出だしで、
おーい!スティーブ・ハリスが好きなのかーい!?
で、その後Van halenになります^^;

8.はPMお得意の疾走チューン。思わず「ほっ」とします^^

11.はサビがどこかしらボン・ジョビみたい・・・^^;
ギターソロの始まりは、Gary mooreの「Victims of the future」
みたい・・・^^;

なんだか悪口言ってるみたいになりましたが^^;、一聴して
ソコソコ気に入ってます。
が、PMファンとしては言いたいことは結構あります^^;

全体的に思うことは、少しパワーが落ちたかな?と・・・。
それは、ロニーの歌い方の変化にあるのでしょうか?

以前は“ジェームズ・ヘットフィールド"ばりの声を上手く
使ってパワフル感を出してましたが、このアルバムでは
ほとんど鳴りを潜め、クリーンに歌ってます。
これはこれで良いかな?とも思いましたが・・・。
いや、やっぱ説得力ある押せ押せムードのロニーがいいなぁ。

もひとつ!キーボードあった方が、音に厚みがあって良いなぁ

もひとつ!彼らのお得意のカヴァーですが、これについては
明らかに選曲ミスです。既に色々コメントが挙がっておりま
すね^^;

私は彼らのカヴァー曲を楽しみにしているクチなのですが、
この曲はダメですね(曲自体が悪いんじゃないですよ^^;)
聴いてて楽しくありませんTT PMがライブでやっても盛り上がる
とも思えない・・・。フツー過ぎるんですよね

「オリジナルを凌駕するほどの曲に仕上げてくれー!」

と、言いたいですTT

彼らの代名詞である「疾走チューン」が少ないのには寂しい限り
ですが、その代わりにケンのギターが“聴かせるソロ"を奏でて
いるのが印象的でした。

いずれにしても、メロディはどこを切ってもPRETTY MAIDS!
しばらく聴き込みます♪

一ファンとしては、通り過ぎないで良かったアルバムだ
と思ってます^^







HUMANITY・HOUR1/Scorpions

...2007/07/04 23:26...

遅ればせながら聴きました。耳が治るまでガマンしてました^^;

既にいろんな方が記事に書かれているのを読んで、少し
買うのに戸惑いもありましたが、やっぱり買いました。
だって、ファンですもん^^♪

1曲目がどうも私好みの曲ではなかったので、「や、やばい!」
と思いましたが、
通して聴いてみて、それが無用の不安であったのがわかりました。
私が一番スコピに求めるものは“哀愁美"ロックですから♪
(正直言えば、“激しさ"も求めてますが・・・^^;)

ウワサ通り、バラードな曲調ばかりでタルくなる人もいるわなぁ
とも思いますが、これ、

「究極のロック“バラード"アルバム」ではないでしょうか!?
(言い過ぎか!?^^;)

私はアルバムを最初に聴くとき、気になった曲をチェックする
のですが、このアルバムは、
「2.4.5.7.8.9.10.12」と、
ほとんど全ての曲にチェック!となりました。曲のクオリティは
かなり高く、どの曲もどっかのアルバムに入れてあげたら名曲に
なってしまう(これまた言いすぎか?^^;)のでわ!?
マティアスも渋くていいguitarソロを弾いてます^^

ただ、ひとつ気がかり(というか心配)だったのがクラウスの
声です。
既にアルバムレビューを書かれた方も同じことを言っておられ
ましたが、クラウスの高音に「異常あり!」です。

確かに高音は出てはいるものの、叩けば割れてしまうガラスの
ような透明な響きがなくなってますTT
このクラウスの高音がScorpionsの“顔"であると言っても過言
ではないと思っていたのに・・・。
そのせいか、歌の説得力が低減しております。

退廃した社会を批判する曲も、以前のクラウスだと、
「世の中どうしようもないぜ!俺たちが変えてやる!!」的に
聴こえましたが、今回は、
「世の中どうしようもないぞ」と憂いでいるように感じてしまい
ました^^;(そういう曲なのかもしれないけど・・・)

ただ、そういう思いも曲の良さでカヴァー!という感じです。

クラウスのシャウト、マティアスの縦横無尽のギター、そして
腕をぶんぶん振り回して弾くルドルフのサウンドがなくなって
しまうのはソートー寂しいのですが、
私は、こんなスコピも「現在のスコピ」として受け止め、
十分愛して行けると確信しております^^

また、このアルバムも、聴けば聴くほど味が出る、

「するめアルバム」

であると確信しております^^♪











恐怖!中耳炎に気をつけろ!!

...2007/07/02 00:12...

みなさまから暖かいお言葉を頂き、中耳炎もようやく快方に
向かっております^^

中耳炎になりながらも4枚のCDをGETして小さい音で聴いてます。
HM/HRを楽しむ上で大切な耳・・・。
今日はその「耳」のお話で皆様に「Warnning!」です。

中耳炎にもいろいろあって、今回は「急性中耳炎」、「滲出性
中耳炎」のダブルパンチでした(++;

急性中耳炎というのは、耳の中がとにかく痛い!眠れない!
頭もガンガン!という感じで参ります。

そしてもうひとつ、「滲出性中耳炎」。これが厄介です。
こっちは痛みはないのですが、鼓膜の後ろに水がたまるというもの
で、耳の奥がなんだか重たい感じで耳の聞こえも悪くなります。

軽い症状ですと、鼻から耳へ「プシュー!」と空気を通すという
治療で済みます。これは、なれてくると快感になります^^
経験のない方は理解できないでしょうね^^;

ところが、重くなるとえらい目に遭います。高校時代に一度なった
ことがあり、その「恐怖治療体験」のお話を・・・
かなり昔のことなので、実際とは違っているかもしれませんが、
私の色褪せない恐怖の記憶としては以下の通りです。

お医者さん(以下Doc)、私(以下RC)のやりとり・・・

Doc:「ソートーひどいですね、じゃぁ手術をしましょう」
RC:「えっ?手術?」

Doc「手術といっても簡単なものですよ。ほんの5分くらいで終わります」
RC「はぁ・・・、なにをするんですか?」

Doc「膿んでるところを切って、鼓膜の裏に溜まった水を吸い取ります」
RC「???え?え?切る?吸う?鼓膜の裏?え?え?☆※★△!!?」

Doc「ははは、大丈夫ですよ。鼓膜は2,3日で再生しますから♪」

Docの軽い説明などはほとんど耳に入らず、心は恐怖でいっぱいです。
だって、だって・・・

耳の中切るんですよ(@@; で、吸う!?(((@@;

そんなこんなで手術は自動的に開始されました・・・。
看護婦さんが二人して私の頭をガッチリ固定します。
 <う~ こわい~ 逃げたい~ 泣きたい~ TT >

Docが金属の器具で耳を大きく拡げます。そこへ・・・
「ジュワジュワジュワ~っ」と麻酔液が流し込まれます。
 <麻酔って注射じゃないんだ~、少しだけホっ^^>

Doc「はいっ、じゃぁ切りマース♪」
 <おいっ、待って、あ゛あ゛ぁぁぁぁ~>

「バキバキバキバキーーー!!!!!!!」

ものすごい音です。なんたってメスが鼓膜直撃ですから・・・TT
麻酔をしてても音は聞こえます。キョーレツです++;
痛みは感じませんでしたが、痛み以上の恐怖を味わいます。
とはいえ、 <はぁ、とりあえずヤマは過ぎたか・・・>
とホッとしました。
しかし、これはまだ恐怖の序章に過ぎませんでした。
真の恐怖はこれからです。

Doc:「じゃぁ、続いて吸い取りマース♪」
 <な、なにが始まるんだ??>

Docが何かプシュプシュ言ってる器具を掴みます。
そしてそれを私の耳の中に・・・

「シュポポバキバキっ!シュポポポポーーーっ!!!!!」
(★o★)(((((((★_★))))))))(★o★)


すごいです!掃除機で耳の中の水を吸い取ってるようなものです!
鼓膜を直撃するキョーレツな音に加え、耳の中が思い切り掃除機
のほうに引っぱられていき、脳みそまで吸い取られてる気分です。
こわいーーーーー!!!@@;@@;@@;

・・・ 吸い取ってる時間はほんの3,4秒だったかもしれませんが、
ものすごく長い時間に感じました(++

その後フラフラする足取りで待合室まで歩いていき、ソファに
座ったあと・・・
不覚にも失神しました^^;

今思い出すと、全くといっていいほど痛い手術ではありませんでした
が、それ以上に精神的ストレスダメージがあります。
二度とイヤですぅ(TT)

風邪をひいたり、鼻のかみ方が悪かったり、鼻を強くすすったり
するとなりやすいようですので、
みなさまもぜひぜひお気をつけあそばしませ!^^♪













CALENDER
06 ⇔ 2007/07 ⇔ 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
必聴!名盤!
最近のお気に入りです^^
Let's get rock!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。