ハードロック・ヘビーメタルについて語ります。 ときどき「たわごと」も話します^^;
プロフィール

ロックシティ

Author:ロックシティ
好きなもの:
美味しい食べ物。特にラーメン。
美味しい音楽。主食はHM/HR。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
m(_ _)m

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:そこの君、ちょっと僕のCDラックを整理してくれないか?
月別アーカイブ

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



過去へ遡るか、現代に追いつくか<RAGE>

...2007/06/28 23:28...

私のイメージするRAGEってまさに、「男くさい」「硬派一直線」
のジャーマン・ゴリゴリ・ヘヴィーメタルです。

そんなRAGEがオーケストラと組んでLIVEやるとはビックリ
でした。これ、欧州で大好評だったんですよね。
しかし、この影響は当然のことながらアルバムに反映される
こととなりました → 「Thirteen / RAGE」

私は、「END OF ALL DAYS」からRAGEに入った(チラッチラッとは
過去に聞いた曲はありますが)ので、RAGEにどっぷりつかって
いないうちに「13」を聴きました。
そのおかげか、「13」は、ほとんど違和感なく、すんなり
受け入れることができました。
シンフォニック的なところも楽曲になじんで、叙情度アップ、
いいアルバムだと思います。スピードチューンもあります。
とは言え、やっぱりもの足りなさは感じます。
メロディは完全に独特の“RAGE節"なのですが、やっぱり彼らには、

猪突猛進!そこのけ突進型パワーメタル!!

が、お似合いです^^
「おらおら~RAGEさまのお通りだぁー!!」ってね^^

End of All Days / RAGE
RAGE


先述の通り、私のRAGE初体験アルバムです。
全体的に「哀」「怒」感あるメロディに包まれ、重厚&パワフル
なサウンドがカッコイイ、私好みのアルバムでした。

バキバキ鳴ってるドラムがものすごく重厚&パワフルで
気持ちがいいです^^
Voも攻撃的で「どけどけぇ~い!!」感がいいです^^

私の「名盤」の条件であります、“1曲目でワクワクする"という
項目もクリア♪ いきなり突撃的パワーメタルで「ガッツーン!」
とKOです。
それに続く2曲目の、ライブの定番曲「Higher thanthe sky」は
ノリノリですね。ライブに行かなくても曲を聴いてるだけで、
「スカイ!スカイ!スカァァァイ!!」と拳を振り上げたく
なります^^

こんなカッコイイBAND、なんでリアルタイムで聴いて
こなかったのか・・・。
その時代の私を取り巻く環境がそうさせたのでしょうが、
RAGEも私の「ついついうっかりBAND」であると言えます^^;

私は上述の2枚のアルバムしか聴いていないのですが、これらは
ちょうどサウンドの境目に位置する時代のアルバムのようですね。
RAGEの進化としては、
「荒々しいパワーメタルから重厚で安定した叙情メタルへ・・・
 だけど、パワーは衰えてない!!」
というイメージが私にはあるのですが合ってますかね?^^;

どれも好きになれそうなので、
“「END OF ALL DAYS」より前に遡っていくか、それとも
 「THIRTEEN」から先へ進んでいくか・・・"

迷うところでございます^^

それにしてもRAGEって、ものすごい勢いでアルバムをリリース
してたのですね^^;



スポンサーサイト




うっかり通り過ぎてしまったBAND <Part2>

...2007/06/25 23:16...

中耳炎にも負けずにアップです(^^;)

このブログを始めてから、たくさんの方とお話ができて非常に
嬉しく思ってます^^ まわりにHM/HRの話ができる人ってあま
りいないんですよねぇ。

で、もうひとつ嬉しいことがあります。
どんな話を記事に書こうかと思って、家にあるCDを掘り返すと、
「えっ?こんなCD買ったっけ?ん?なんだこのBANDわっ!?」
というのが結構あります^^;

当時はあまり印象に残らずほとんど聴かなかったCDなのに、
改めて今聞いてみると「結構いいじゃん!」というものを
発見(発掘?;)すると嬉しくなります^^
ブログやってなかったらこんなことはなかったんでしょうね。

これを機会にそろそろCDの整理をやろうかと思ってます。
15年前に整理したときは約600枚くらいありましたが、
今、一体何枚あるんだろ^^;

さて、先日markmarkさんのブログでロビン・マッコリーが
サバイバーにいらっしゃると言うことを知りました。
なんかイメージ違うなぁ^^;
サバイバーといえば「アイ・オブ・ザ・タイガー」ですが、
「あれ?そういえばこの曲って誰かカヴァーしてなかったかな?」

頭をフル回転させながらCD掘り起こしてやっと見つけました^^

No Escape / AT VANCE
AT VANCE


いわゆる「ネオクラシカル系ジャーマンメロスピメタル」BAND、
「AT VANCE」のデビューアルバムです。
ギターも、当時ワンサと溢れかえったインギーそっくりネオクラ
シカル系・・・、と思いきや・・・あれ?当時聴いたのと印象が
違うぞ?

確かに挿入曲のインスト2曲はモロにインギーですが、楽曲の中
に入るギターソロはただのネオクラシカルとは一味違う・・・。
当時は気づかなかったなぁ。
テクニカルでよく練られたソロフレーズで耳に良く残ります^^
Vocalもハイトーンでありながら湿り気のあるところもあり、
アツさも感じて上手いです。
曲もバラエティに富んでいて、メロディアスでgoodです。

なんでこのBANDを当時は見向きもせず通り過ぎてしまったのか?
おそらくシーンで溢れかえったネオクラ系にちょうど飽き始めた
ところだったからだと思います。
今も現役で頑張っているようですが、どういうサウンドになって
いるのでしょうか?Noctunal Ritesのような進化をしていると
嬉しいのですが・・・。

そうそう、で、このアルバムに「EYE OF THE TYGER」入ってました^^
しかし、何故「EYE OF THE TYGER」をカヴァーするのだ?わからん。
とはいえ、いい感じでカヴァーされてました。
そしてもうひとつ、ABBAの「MONEY,MONEY,MONEY」が入っていたの
にもビックリ!すっかり忘れてました。
これ、ソートーいい感じでカヴァーされてます^^雰囲気ピッタリ!

残念ながらこのアルバムは既に廃盤となっていますが、
(amazonにはまだあるようですね)
AT VANCEで一番いいアルバムじゃないか!?という評判
ですので、もし中古店で破格の値段で発見できたら即
“買い"ですよ^^♪








マイケルファン必須アイテム?^^;

...2007/06/23 22:52...

なんとこのトシになって「中耳炎」になって
しまいました(TT)まるでコドモです^^;
メチャメチャ痛いんですねー。脳ミソまで
ガンガン響きました。とても眠れません
しかも、音楽も頭に響いて聴けません(T_T)

そういうわけで、今回はちょっとしたグッズをご紹介^^
f500単体

http://www.mpio.jp/product/fl500.php

この三角の黒いヤツ、なんだかわかります?^^
これはMP3プレーヤーです。
で、このデザインは「ギター」をモチーフにしている
そうです。
で、さらに、モチーフにしたギターはというと、

“ツートーンフライングV!!"

f500


これつくった人はきっとマイケルのファンに違いない!^^
し、しかし・・・。う~ん、このMP3プレーヤーだけを見て
マイケルフライングVを連想できる人はソートーのマイケル
ファン&想像力ですね^^;
思い切りよくツートーンにして、ホントに「V」のカタチに
したほうが売れるんじゃないかな?・・・って思うのは、
マイケルを知ってるRockファンだけかな~?・・・ですかね^^;











名盤となるか!? 「The 8th sin」

...2007/06/20 23:36...

春~秋にかけて、天気が良くて時間がある休日は片瀬江ノ島の
浜でボ~っとしてます^^ もちろんwith my favorit music
です^^ 特に新譜を聴くときなんかは誰にも邪魔されずに
集中して聴けて良いです。
07.06江ノ島
(海の家建設中です^^)
今回は先日購入した、
The 8th Sin / Nocturnal rites   
the 8th sin
を連れて行きました。

まだあまり良く聴き込んではいないのですが、早くも私の
中での“名盤"の仲間入りしそうな予感がいたします^^キガハヤイ・・・
ベタな表現で申し訳ないのですが、このアルバムは
「良い!^^」

ところで私の中での「名盤」の条件ですが、大きくは下の5つが
挙げられます(順不同)。このアルバム、結構当てはまってます^^

①1曲目でワクワクすること

 やっぱり最初は肝心です。1.「Call out to~」が始まった
 途端、スラッシュメタルのアルバムかと思いました^^
 で、ブ厚いサウンドからキャッチーなメロディへとつなげて
 いく。見事です。

 この分厚いサウンドとメロディは、元はメロ・デス出身Band
 であった事実を物語っていると思います。
 この曲以外でもメロ・デス的な臭いがするところがチラホラ
 あります。

②Guitarリフやソロを弾いてみたくなる

 Guitarソロに関して、最近聴いたアルバム(そんなに多くも
 ないのですが・・・^^;)の中ではズバ抜けています。
 テクニカルでオリジナリティがあります。ソロのメロディが
 印象に残るところがポイントUP。
 2.「Never again」なんかは、指慣らしに良さそうです^^
 8.「Strong enough」のヘンテコなソロが耳に印象に残り
 ました^^;

③メロディがキャッチーである

 捨て曲ないです。よく北欧のネオクラシカル・メロスピ系
 の一部のBandにありがちな「メロディの次の展開がみえて
 しまう」(Guitarソロも同様)ということはありません。
 フックが効いてます。

④Vocalがアツイ、ウマイ。

 非常にエモーショナルで熱いVoを聴かせてくれます。

⑤泣きのバラードが入っている

 9.「Me」で、Voのジョニーの上手さがわかります。

リズム隊もしっかりしていて、聴いていてとてもPowerを
感じる、カッコイイアルバムです。
しばらくヘヴィローテするでしょう^^

なんか褒めスギかもしれませんね。^^;
超速な曲が入ってるとさらにポイントUPなのですが、
高望みしすぎですかね^^;

80年代の様式美HMを愛する人たちには特に
オススメの一枚です^^♪

 





渋谷にて

...2007/06/17 10:17...

昨日は久しぶりに渋谷の街をブラブラしました。
ブラブラルートにはもちろん、「HMV」「TOWER」「レコファン」
が含まれています^^
それにしても相変わらずの人ゴミゴミゴミですね。TOWERへ行くのに
車道を歩いて行きました。

最終的にはレコファンで中古CDを物色しようと考えていたので
購入は最後に行くレコファンで、と決めていました。

レコファンで中古品を物色してたら、Megadeth / Rust in peace
が目に入りました。このアルバムはMDにダビングしてあったの
ですが、引越しのドサクサで紛失、行方不明のまま今に至って
ます。
rust in peace

「名盤はやっぱり“CD盤"で持ちたいよね!^^」という思いも
働きGet^^

それと、Nocturnal rites / The 8th sin をGet^^

で、最後にGOTTHARDと^^・・・。
あれっ、GOTTHARDが無い・・・?
売り切れ????|(||゚Д゚||)||ガァァン !
さっき買っておくんだった・・・

そもそも今日のCD店巡りは、GOTTHARDのGETが一番の目的
だったので、HMVに戻ろうとも思いましたが、
昨夜はほとんど寝ていないため、体力的にTime out・・・(+_+;)
今日はノクタを堪能しよう^^
明日、近くのTowerで買おう・・・(TT)

お腹が空いたので、近くのラーメン屋「かむくら」で腹ごしらえ。
神座
  http://www.kamukura.co.jp/store/shibuya.html

ここは初めて行く店なのですが、店内には
“今まで食べたことのない味" と書いてあります。
わくわくしながら食してみると、

「ほぅ、ほぅ、確かにラーメンとしては新しい味だ^^」

スープが美味しいですね。豚肉の旨みと野菜の旨みがたっぷり
という感じです。最後までゴクゴク飲み干してしまいました。
飲んでいるうちに気づいたのですが、なんか鍋物のスープを
飲んでる気分になりました^^;
野菜に白菜を使っているからですかね。
美味しかったです^^

今、「ノクタ」を聴いてます^^ 良いですね。
次は「ノクタ」のお話をします♪







HM/HR史上 最強のBAND

...2007/06/12 23:19...

私の知る限り、このBANDはHM/HR史上最強のBANDです。
ギターソロが、私の知る曲の中では最長です。
BANDの人数が米米クラブより多いです^^;
たった1曲世に出して解散しました。

もう分かっている方もいると思いますが、そう、
1985年、リーダーにロニー・ジェイムズ・ディオそして、
ヴィヴィアン・キャンベル、ジミー・ベインが中心となって
総勢40人のHM/HRミュージシャンが参加したアフリカ飢餓
救済のチャリティプロジェクトBAND、
Hear'n Aidです。
(うわぁ、プレミアついてますね^^;持っててLUCKY!^^)
知らない方もいらっしゃると思いますので、
まずはメンバー紹介です♪ ※(  )内は当時の在籍BAND
ミドルテンポの曲調に乗って、皆様個性を出してます^^

<Lead Vocal>

ロニー・ジェイムズ・ディオ(DIO)
ロブ・ハルフォード(JUDAS PRIEST)
ドン・ドッケン(DOKKEN)
ジェフ・テイト(QUEENSRYCHE)
ポール・ショーティノ(ROUGH CUT)
デイヴ・メニケッティ(Y&T)
ケヴィン・ダブロウ(QUIET RIOT)
エリック・ブルーム(BLUE OYSTER CULT)

フレーズごとに歌い分けているのですが、特にジェフ・テイト
光ってます!彼はホントに上手いです。

<Guitar>

ブラッド・ギルス(NIGHT RANGER)
ヴィヴィアン・キャンベル(DIO)
クレイグ・ゴールディ(GIUFFRIA)
ニール・ショーン(JOURNEY)
エディ・オジェイダ(TWISTED SISTER)
ジョージ・リンチ(DOKKEN)
イングヴェイ・J・マルムスティーン
カルロス・カヴァーゾ(QUIET RIOT)
ドナルド・ローザ(BLUE OYSTER CULT)
デイヴ・マーレイ(IRON MAIDEN)
エイドリアン・スミス(IRON MAIDEN)

フレーズでソロを分担してます。この中では、インギー
光ってますね。一発でインギーだと認識できます。この時代
のインギーの、ストラトハーフトーンの音が好きでした^^
ブラッド・ギルスもアーミングぐぃんぐぃんで個性を発揮。
私の大好きなジョージ・リンチも良い!彼の、つんのめるような
絶妙なタイム感覚で音をつなげていく感じが好きです。
ニールも貫禄を見せてます^^

<BASS>

ジミー・ベイン(DIO)

<DRUMS>

ヴィニー・アピス(DIO)
フランキー・バネリ(QUIET RIOT)

<BACK CHORUS>

トミー・アルドリッヂ(OZZY OSBOURNE)
デイブ・アルフォード(ROUGH CUT)
カーマイン・アピス(KING KOBRA)
ヴィニー・アピス(DIO)
ミック・ブラウン(DOKKEN)
アミア・デラク(ROUGH CUT)
クリス・ヘイガー(ROUGH CUT)
クリス・ホームズ(W・A・S・P)
ブラッキー・ローレス(W・A・S・P)
ヴィンス・ニール(MOTLEY CRUE)
ミック・マーズ(MOTLEY CRUE)
テッド・ニュージェント
ジェフ・ピルソン(DOKKEN)
マット・ソア(ROUGH CUT)
マーク・ステイン(VANILA FUDGE)
クロード・シュネル(DIO)
デレク・スモールズ(SPINAL TAP)
ルディ・サーゾ(OZZY OSBOURNE)
デイヴィッド・セント・ハビンズ(SPINAL TAP)

と、すっごいメンバーです!
(知らない人もいるけど・・・^^;)

なんにしても、「レコード会社」という“高い壁”をぶっ壊して
HM/HRミュージシャンが集まった!すごいですよね!
もう二度とないかもなぁ・・・







変わらない味、変わらないBAND

...2007/06/10 01:15...

今日は私用で恵比寿に行きました。少しお腹が空いた
と思っていたら、「ラーメン香月」があったので
入りました。
kaduki

このお店、15年くらい振りです^^(場所変わったんですね)

背あぶらプカプカしてる割にはあっさりしていて美味しいです。
たっぷりスープも昔と変わらず^^ ^^ ^^でした。
変わらない味に出会うとなんだかとっても安心します。
(変わってるのかもしれないけど・・・^^;)

これってBANDの世界にもあると思いませんか?

ただ、音楽の世界では、ずっと昔から変わらずに自分たちの
音楽を貫き通すというのは結構すごいことだと思います。
飽きられるし、曲ネタも行き詰るだろうし、そもそもBAND自体
がなくなっちゃうことも多いです。

そんな中、頑張ってるなーと思うBANDが、
PRETTY MAIDSですね^^

POPでヘヴィーな楽曲、ロニー・アトキンスの勢いある
ヴォーカル。新譜が出るたびに、「あはっ、またおんなじこと
やってるよ^^」なーんて思いながら安心しちゃったりしてます^^
アルバム「SCREAM」で「おーい、どこに行っちゃうんだよー!TT」
ってな感じになりましたが(このアルバム、不評でしたね^^;)、
また戻ってきてくれました^^

彼らの有名なアルバムは「SIN-DICADE」ですが、私の一番
好きなアルバムは、
Spooked /
PRETTY MAIDS
SPOOKED
です。

このアルバムはヒジョーに勢いが感じられる佳曲が揃ってます。
スピード・パワー・メロディーが劇的に展開される、押せ押せ
ムードの快作です。
特に8.“TWISTED"を聴いた時には心の中でガッツポーズ!
拳を振り上げました!!^^ ライブでも定番曲ですね。

昨年末に発売されたアルバムはまだ聴いてないのですが(^^;)、
古き良きHM/HRを続ける貴重なBAND PRETTY MAIDS・・・
これからも「安心」させてほしいものです^^






OH GIRL(I WANNA BE WITH YOU)

...2007/06/08 00:22...

昨晩の続きです^^;

タイトルの曲は、アルバム
Pure Instinct / 
      SCORPIONS
PURE INSTINCT
に入っている曲ですが、この曲、私の仕事でかなり
役にたっております。
ヘッドホンやスピーカーの試聴用の曲として使っているの
ですが、色々な要素が入っていて使えます^^

どんな曲かお話しますと、
まずクラウスのVoをオーヴァーダブした広がりある
コーラスから始まります。
続いて、今までのイントロは何だったの?というくらい
唐突にクラウスの絶叫が続き、暴力的なルドルフの
ギターリフが始まる^^;
そしてまた静かに曲は続き、サビの部分でドーンと
ラウドになる。

ギターソロの部分では、マティアスのリードの後ろで
ルドルフのバッキングリフが分厚く響く。で、また
「静」に戻りエンディングは「動」、最後はクラウス
の悲しく響く一声で完。

要するに、「静」と「動」が同居しているのです。
テンポもミドルで聴きやすいです。
「静」の部分では、どれだけ広がり(空間)を感じられ
るかをはかれます。
「動」の部分では、しっかりと音が分解されてるか
(楽器のそれぞれの音がしっかりわかるか)をはかれ
ます。
特に、性能の良いヘッドホンで聴くと今まで聴こえなかった
クラウスの息遣い、ルドルフのピック&フィンガータッチ
とかが聴こえてきます^^

ドラムのタイトなスネアの響き、締りのあるバスドラ、
ハイファットの響きなんかも機器の評価がしやすい音
です。

これ以上書くとどんどんマニアックになっていくので
やめますが(^^;)、とにかく、好きな曲を仕事中に
大義名分をもって聴けるのは幸せですね^^

アルバムとしては、ミドルテンポ主体の良曲揃いですが、
“ヘビメタスコピ"を求めている方にはものたりないで
しょう。なんか、「ドイツ版アリス」的感をふと感じる時も
ありました^^;(谷村がVoだったらコワイけど・・・)
1曲目の「WILD CHILD」では「おーっ!キター!」
と思ったんですけどね^^;でも、私はこのアルバム
好きです。

あっ、「WILD CHILD」を聴いた方、イントロが
「チャルメラ」に似てると思いませんでしたか?^^;






哀愁のメロディ

...2007/06/07 00:13...

またまたScorpionsの話。
いきなりですが、私の一番のお気に入りアルバムは、
Love at First Sting
love_at_first_sting.jpg

なのです。
昔からのスコピファンのかたからみると、ずいぶん垢抜けた
感じの曲達で「???」的な感があったかもしれませんね。
アルバムジャケも、当時高校生だった私にはヒジョーに
刺激的でしたね^^; まぁスコピの「おさわがせジャケ」は
これに始まったことではありませんが・・・^^;

1. Bad Boys Running Wild
2. Rock You Like a Hurricane
3. I'm Leaving You
4. Coming Home
5. Same Thrill
6. Big City Nights
7. As Soon as the Good Times Roll
8. Crossfire
9. Still Loving You

2,6はあまりにも有名な曲ですが、個人的には特に
3,4,7,9が好きで、聴いてると本当に切なくなって
しまいます(TT)
大都会の冷たい夜にひとりぼっち・・・。こんな
状況で聴いたら誰もがウルウルきそうな曲たちです(;;)
どうゆう人生送ったらこんなメロディが生まれてくるので
しょうか?

スコピの特徴として、1曲の中で「静」と「動」を上手く
同居させている曲が多いことが挙げられます。
4.なんかはその典型です。ホント曲づくりが上手いです。

私の仕事のひとつとして、「ヘッドホンやスピーカーから
ちゃんといい音が出てるかを判断する」というのがあるの
ですが、そのときに私は「静」と「動」があるスコピの曲
を使います。
どの曲を使うかというと・・・

まだまだ語りたいのですが今日は何故かソートー眠いので、
つづきは明日にいたします(((((^^;





スコピへの期待^^;

...2007/06/04 01:19...

今日は出張で静岡に向かいました。仕事は明日なので、
連れて行く音楽をゆっくりと吟味^^
新幹線を使わずに、東海道線でのんびり行こう!
出張費も浮かせるし^w^

日曜の晴れた午後、海を見ながら電車にゆられる・・・
こんなことを想像して、
「JOURNEY / ESCAPE」を連れて行ったのですが・・・
天気がどんどん変わって、ど~んよりとした雲り空、
重たい海になってしまいました(TT)

これは、アメリカ西海岸ロックというより、ジャーマン
泣きロックという気分です。
などと思いながら、
「そういえば、スコピのアルバムもうすぐだなぁ」

蠍団の警鐘-ヒューマニティー:アワーI /
                  SCORPIONS
humanity

これですこれ!やっぱり邦題は楽しいです^^
是非続けてください^^! > CD会社さま

結構期待してるんです^^
「Humanity」という曲を試聴しましたが、泣いてますよね~。
スコピらしい、グッとくるメロディです。まさに
“独逸演歌”です^^

すでに他の曲も聴けるようですが、楽しみはCDが出るまで
とっておく事にしました。とはいえ、若干心配もしてます。

クラウスの叫びは聴けるのでしょうか?
ルドルフのかっちょいいリフは聴けるのでしょうか?
マティアスのギターは・・・?

アルバム「EYE Ⅱ EYE」は、いい曲もあるとはいえ、私の
イメージする“スコピ”ではなくソートーダメージを受け
ました^^;(伊藤政則もライナーノーツ断ったとか・・・)
もうこれがスコピの目指す音楽になってしまったのでしょうか?

今度は肩透かしナシですよ!●=(`´
・・・と期待したい・・・^^;
(聴いた方います?どんな感じでしたか?(((((^^;)






うっかり通り過ぎてしまったBANDたち

...2007/06/03 00:53...

前回に引き続き、偏見のせいで損をした話。

BANDの最盛期にリアルタイムで聴けるハズ
だったのに、後になって「これいいじゃん!」
と後悔し、後追いで聴くことになってしまった
BANDたち・・・。結構あります。

その代表がHELLOWEEN。
当時の私はスラッシュメタルなど、ゴリゴリの
硬派音楽を聴いておりまして、HELLOWEENのPVを
TVでチラッと見たときに、
「カボチャにマントに魔女の帽子・・・?
 HMをなめてんのかー!」
などと思ってしまったワケです^^;

しかし、HELLOWEENの曲を時折耳にすると確かに
Vocal上手い・・・。まわりの評判も上々・・・。
少しずつ気になりはじめて、その後ずいぶん経っ
てからですが、いっちょ聴いてみよう!と思った
のですが・・・
“マイケル・キスク脱退"・・・。
いっきに熱が冷めてしまいました。

結局HELLOWEENをはじめてまともに聴いたのは、
2003年で、たまたまHELLOWEEN狂の方に出会い、
強く薦められたからでした。
  
全てのアルバムは聴いてはいないまま現在に至りますが、
特に上の3枚は今でもたまに聴きます^^

私のデジタルプレーヤーには、
「keeper of ~ 1」から“Future World"、

「keeper of ~ 2」から
“Eagle Fly Free "“ Save Us "“Keeper of the Seven Keys "

「Master of the ring」から
“Soul survivor"“Where the rain grows"
がノミネートされております^^

そういえば、“I want out"のギターソロの
フレーズの一部分、どこかで聴いたこと
ありますね^^

わかる人にはわかりますよね^^













CALENDER
05 ⇔ 2007/06 ⇔ 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
必聴!名盤!
最近のお気に入りです^^
Let's get rock!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。