ハードロック・ヘビーメタルについて語ります。 ときどき「たわごと」も話します^^;
プロフィール

ロックシティ

Author:ロックシティ
好きなもの:
美味しい食べ物。特にラーメン。
美味しい音楽。主食はHM/HR。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
m(_ _)m

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

■ ブログ名:そこの君、ちょっと僕のCDラックを整理してくれないか?
月別アーカイブ

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



RAGE Japan Tour 2008

...2008/07/09 01:20...

7/6 (日) 東京:Shibuya O-EAST

rage


<Set List>
1.Carved In Stone   (Carved In Stone 2008)
2.Drop Dead      (Carved In Stone 2008)
3.Under Control    (End Of All Days 1996)
4.Soundchaser     (Soundchaser 2003)
5.Days Of December   (XIII 1998)
6.Refuge        (The Missing Link 1993)
7.Lord Of The Flies  (Carved In Stone 2008)
8.Dies Irae      (Unity2002)
9.Beauty        (Speak Of The Dead 2006)
10.One More Time   (Welcome To The Other Side 2001)
11.Lost In The Void  (Carved In Stone 2008)
12.No Regrets     (Speak Of The Dead 2006)
13.ギターソロ
14.Unity         (Unity 2002)
15.Down         (Unity 2002)
16.Soul Survivor     (Speak Of The Dead 2006)
17.Set This World On Fire  (Unity 2002)

(Medley)
  18.Sent By The Devil   (Black In Mind 1995)
~19.Black In Mind     (Black In Mind 1995)
~20.Solitary Man      (Trapped!1992)

<アンコール1>
21.Enough Is Enough    (Trapped! 1992)
~22. Baby, I'm Your Nightmare (Trapped !1992)

<アンコール2>
23.満ちし月       (Speak Of The Dead 2006)

(Medley)
 24.Long Hard Road     (Carved In Stone 2008)
~25.Higher Than The Sky   (End Of All Days 1996)
~26.Don't Fear The Winter  (Perfect Man 1988)
  ~Long Hard Road 


<※ 杳さん&ミッチさん、ご提供有難うございました!>

待ちに待ったRAGEのライブに行ってきました。
RAGEのライブは初めてではなく、ほとんど何も知らない状態
で無理やり連れて行かれた過去があります。後になって
それがRAGEであったとわかる始末でした。。。-_-;
でも、今回は大ファンになってからのRAGEのライブ♪
事実上の初ライブです^^

今回は、ブログで仲良くして頂いている杳さんに付き添ってもら
いました!^^
初めてお会いしたのですが、一発で見つかってしまいました^^;
やっぱ、画質の悪い動画とはいえ顔ってわかるもんなんだなぁ
と思いました・_・;

☆☆☆

会場もそんなに大きくないので、圧縮の恐怖もメイデンに比べ
たら全然「へのかっぱ」だね!
(っていうか、杳さんがやる気満々...^_^;)
ということでピーヴィの目の前3列目を陣取りました!!

そしてRAGE登場!!!^▽^

ピーヴィって5弦ベース使ってたんですね。知りませんでした。
で、ピーヴィもヴィクターもYAMAHAの楽器を使ってました。
で、ピーヴィもヴィクターも「舌」が長かった。。。^^;

ピーヴィは、顔も大きいけど、おなかも大きいです!
ワンチェ先生さまのお言葉をお借りすれば、紛れもない
「ヘヴィ・メタボラー」です。。。^^;
そんな身体にムチ打って一生懸命にベースを弾き、一生懸命
歌ってる姿を見てると、めいっぱい応援してあげたくなっちゃい
ます!
それと、曲が終わった後の「はにかみ笑顔」がなんとも可愛い!
今回はピーヴィーはとても調子が良かったようです^^高音も
キレイに歌い上げていました。

ヴィクターは上手いです!得意技のタッピングとスイープを
存分に見せてくれました。
それよりなにより、彼は凄くリズム感がいいです。
何をやっても歯切れがいいんですよねぇ^^
前にこのブログでご紹介しました「チョッパー奏法」も披露!
カッコいいです!

アンドレ君は、ときどきスティックを空振りして苦笑いするなど
多少不安な面もありましたが、サウンド的にはとても骨太ないい
音を出してました。


フルレンスアルバムを17枚も持ってるBANDは選曲に困る
ところなのでしょうが、
ピーヴィーの日本のファンへのサービス? メドレーという
形でできるだけ多くの曲をやってくれました。 

私は「Unity」と「Speak of The Dead」は聴いていなかったの
ですが、事前に杳さんから大阪のセットリストを頂いていた
ので(感謝です!)、全曲知ってる曲で、全曲熱唱です!

しかも、大阪では演らなかったらしい「Enough Is Enough」と
「 Baby, I'm Your Nightmare」が!!
ちょい、得した気分♪^^


結局、時間にして2時間10分、終始盛り上がり続けました!
RAGEの曲は「ライブを前提として作られた曲!」と思えるくらい
(実際にそうだと思います)ほとんどの曲がライブ映えする曲
です。
なので、最初から最後までクライマックス!
脚は疲れる、腕が痛い、声は出ない。。。などなど、
結構疲れました^^;

それにしても、ホント、最後まで会場がフレンドリーなカタチで
一体になった素晴らしいライブでした!
その理由は、やっぱり演奏しているRAGEの3人が本当に
ライブを楽しんでる!という感じだったからだと思います。
ピーヴィーもヴィクターも笑顔いっぱい♪^^仲がよさそう♪
アンドレはちょい緊張気味。。。^^;

ピーヴィーとヴィクターが若いアンドレをフォローする姿も何度
かありました。
知名度が低いアンドレに気を使ってピーヴィーが
オーディエンスに何度か「アンドレ~!」と拍手を煽ったり。。。
ヴィクターも、振動してノイズが出てるシンバルを手で押さえて
あげたり。。。

めちゃいい人達じゃん!

そんな感じで、とても激しく、とても熱く、とてもあたたかい
最高のライブでした。
なので、最後のお別れのとき不覚にも私、泣いて
しまいました。。。 *T_T*

「ピーヴィー、また来てね。。。T▽T」

・・・ということで、このライヴで、
よりいっそうRAGEへの愛が深まったのでした!!^^

(すみません、ライブレポというより、「RAGEレポ」になって
 しまいました。。。-_-;)
夢のあと。。。。


***** 最後に・・・ *****


RAGEの手引きをしてくださったミッチさん、ライブについてって
くださった杳さん、ライブ後遊んでくださったhideさん。。。
Special thanksです!!m(_ _)m




スポンサーサイト




Countdown RAGE

...2008/06/30 23:46...

月日が経つのは早いもので、楽しみにしていたRAGE
のライブまで1週間を切りました。

しかし。。。RAGEの情報って少ないですねぇ・・・
もともと私はBANDの情報を追い求めるタイプではない
のですが、それにしても少ない!

情報の少ないBANDの場合、CDを聴けば大抵、
「ん?この曲はライブでやりそうだぞ」というのがなんとなく
わかるのですがRAGEの場合、

① 既発売のCDが多すぎる!
② おまけに曲数も多い!
③ ライブ映えする曲もすっごい多い!

ということで、非常にヤマが張りにくい。。。 -_-;

でも!

ここ最近凄く忙しくてYOU TUBEのチェックをしていなかった
のですが、久しぶりにRAGEの検索をしてみたら。。。
ありました~!^▽^ 「Curved in Stone」ツアーの映像が
続々とアップされてました!^▽^/モットハヤクキヅケヨ!

いろいろと観た中でも、観ておいて良かったな~と思った曲
が、「Set This World On Fire」
(アルバム「Unity」に収録されているのですが、私「Unity」
 持ってない、聴いてない。。。・_・;)

静かなイントロから入ってバラードかと思いきや、3連リズムの
パワフルな曲に展開、サビは哀愁たっぷりな覚えやすい
メロディ。。。
これはもう、「ジャーマンメタルの“演歌”」です(笑)
ヴィクターのギターソロも、「自分で弾いてみたい!」と思える
いいメロディを持っています。

「Set This World On Fire / Rage」



もうひとつが、ライブ映えする曲だなぁと思った、
「Down / Rage」


ライブで演ってくれるのかどうかはわかりませんが、
ぜひ演ってほしいです♪^^

いやぁ~ 楽しみです!!^^







ヴィクター・スモールスキ

...2008/05/28 23:19...

プロテスト・ザ・ヒーロー/BFMVのライブも終わり、次は
7月の「RAGE」に向けての予習スタートです。

ここのところ、思い入れのあるBANDのアルバムが頻発
しましたので、今年の目標に掲げた「RAGEのアルバム
全聴!」も、17分の8枚でストップしたままです^^;

記事では17分の6枚までしか書いていませんが、その後、
「Soundchaser」「Curved In Stone」を仕入れ済みです♪
どちらもファンの間では評判の高いアルバムです^^
まだ聴きこんではおりませんが、どちらのアルバムもRAGE
らしいキャッチーで覚えやすい歌メロとソリッドでカッコイイ
ギター・リフが印象的でした。
またまた“お気に入り”の予感です♪

現在のメンバーは、
Peter "Peavy" Wagner - ボーカル、ベース
Victor Smolski - ギター
André Hilgers - ドラムス


というトリオ編成になっています。

Victor SmolskiのプレイはYOU TUBEでチラッとしか観た&
聴いたことがなかったのですが、結構すごいプレイヤー
なんですね!

「Curved In Stone」では、一歩道を踏み違えると(?)
スティーヴ・ヴァイになっちゃうのでは?とも感じられる
プレイをしています・_・;

早速YOU TUBEで彼の映像を探してみましたら。。。
カッコイイことやってますね!

ギターキッズ~ギターおっさんしか興味ないかもですが、
見事なチョッパー奏法を見せてくれてます^^
むかーしVAN HALENもやってたようですね。

「Victor Smolski」



もひとつ。。。
小気味良いリズムのギターワークと、ポップなサビが
印象的な曲。

「Great Old Ones / Rage」 (「Soundchaser」収録)



十分にギター・ヒーローになれると思うのですが、知名度低い
ですねぇ-_-;
やっぱ華が足りないんだろうなぁ。。。
オジーあたりと一緒にやれば、一躍脚光を浴びると思います!



****************************

今回の出張の戦利品です^^

ふく



****************************







「Rage / Ghosts」 6/17

...2008/03/27 23:02...

********************************************
はじめに。。。

3月27日をもちまして、めでたくこのブログも一周年と
なりました^^
暖かい皆様のお言葉に甘えながら、これからも自然体
で続けて参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

********************************************

RAGEのアルバム17分の6枚目です。

6枚も聴くと大抵1枚くらいはちょっと???と思って
しまうアルバムに出くわすものですが、幸運にもまだ
遭遇しておりません!^▽^
きっと、一番良い時代のものを聴いてるんだろうなぁと
思います。

で、今回は、  ・。・ なアルバムに遭遇しました!

「Ghosts / Rage」
GHOSTS


1. Beginning of the End
2. Back in Time
3. Ghosts
4. Wash My Sins Away
5. Fear
6. Love and Fear Unite
7. Vanished in Haze
8. Spiritual Awakening
9. Love After Death
10. More Than a Lifetime
11. Tomorrow's Yesterday
12. End of Eternity
13. Six Feet Under Ground


ジャケはちょい“不気味系”ですね^^;
ところが、中身はちと違います。
今まで聴いたRageのアルバムともかなり違った毛色の
アルバムです。

私は後追いですので、Rageの長い歴史の中の一枚という
認識で聴いていますが、
きっとこのアルバムが出たときは、かなり賛否両論があった
のではないでしょうか?

RAGEのイメージ「突進型」の曲はここにはありません。
「End Of All Days」 →「XIII」→ の流れからくるアルバム
であることを考えると、納得する感じはしますが。。。

私は、このアルバムの前は「Black in mind」という超ド級の
へヴィメタルアルバムを聴いてしまっているので、いっそう
そのギャップに驚かされました@_@;

この「Ghosts」は、アルバム全体が寂寥感で包まれています。
黄昏てる・・・という言葉も似合うかも。。。
VoのP.ワグナーも叫んだり唸ったりすることなく、自然体で
歌っています。

重金属戦士たちが、しばしの休息を楽しんでいるような。。。

そう、ここにあるのは、

メロハーRAGEです ・_・

とはいえ、RAGEらしさは少しも失われてはおらず、彼ら独特の
覚えやすい耳に馴染む珠玉のメロディはしっかり健在ですし、
勢いのある曲もあります♪^^

「6. Love and Fear Unite 」のイントロを聴いた時には、
JOURNEY? NIGHT RANGER?・・・を聴いてるような
錯覚に陥りました。。。^^サワヤカ~


アルバム全部を聴き終えたときには「清清しさ」さえ
感じられました ^^;レイジデ スガスガシイ・・・?

結論を言うと、肩の力を抜いた良曲揃いのこのアルバム、
好きです!^^
私はRAGEの“曲”が好きなんだなぁと実感した一枚でした。

すなわち、このアルバムもお気に入りの仲間入りです♪^^

ただ、こういうアルバムの後に出た「Welcome To The Other Side」
がどんなものになるのか心配にはなりますねぇ^^;




(黄色が既聴アルバムです)

1.1986年 Reign Of Fear
2.1987年 Execution Guaranteed
3.1988年 Perfect Man
4.1989年 Secrets In A Weird World

5.1990年 Reflections Of A Shadow
6.1992年 Trapped!
7.1993年 The Missing Link

8.1994年「10 Years In Rage」
9.1995年 Black In Mind
10.1996年 End Of All Days
11.1998年 XIII

12.1999年 Ghosts

13.2001年 Welcome To The Other Side
14.2002年 Unity
15.2003年 Soundchaser
16.2006年 Speak of the Dead
17.2008年 Carved In Stone







「Black In Mind / Rage」・・・<5/17>

...2008/02/29 00:08...

さて、2月にRAGEのアルバムが発売され、フルアルバムは
17枚目となりました。。。またGOALが遠ざかりました^^;
新譜を聴きたい衝動をグッとこらえてまずはもう少し彼らの
既アルバムを聴いてみようかと・・・
まぁ、私にとっては全部新譜ですから!(笑)/

予定としては90年代から後追いで現在に追いつき、来日
ライブまでに新譜を聴きたいと思ってます♪

「Black In Mind / Rage」
black in mind

1. Black in Mind
2. Crawling Chaos
3. Alive But Dead
4. Sent by the Devil
5. Shadow Out of Time
6. Spider's Web
7. In a Nameless Time
8. Icecold Hand of Destiny
9. Forever
10. Until I Die
11. My Rage
12. The Price of War
13. Start!
14. Chase
15. All This Time


このアルバム、すっげーアルバムです!
これぞ“ジャーマン・パワー・メタル!”
という感じです。

攻撃的なギターリフ、ドスの効いたVo、タイトなドラム、
ゴリゴリの突進サウンド、フックの効いたメロディ・・・と、
かなりガッツーンとやられました^^

最初の一聴目はガンガン攻めてくる曲達の前に、私の
耳と頭はオーバーヒート(++;)、正直麻痺してしまった
感はあったのですが、どの曲も必ずフックの効いた
メロディがあり、どれも印象に残りました。

2度3度聴いてると、すっかりクセになって
ヘビーローテーションになりそうです♪

オープニングの1. Black in Mindでいきなりノックアウト!
「HMアルバムの最初の1曲目はパワーチューン!」
というセオリーを踏襲してます。

4. Sent by the Devil は、「スピード・パワー・哀愁」
の3拍子揃った“German Metalのバイブル”と言える曲です。

この2曲がアルバムのキラー・チューンでしょう!^^
他にも、6. Spider's Web、10. Until I Die は、アルバム
「The Missing Link」の頃の香りがするスピード・チューン
で、Rageらしい独特のヘンテコメロディを聴かせてくれる
大好きな曲です。
13. Start!、14. Chaseもカッコイイし。。。
ライブ映えする曲が多くて、ライブに行きたい!と思わせる
アルバムです。

でも、ちょっと曲数多すぎ・・・^^;
もっとコンパクトにすればもっと緊張感が持続したまま
聴き終えることができたかも。。。とも思いました。

それと、ギターのリフはカッコイイのですが、ギターソロの
フレーズをもう少し練ってくれればなぁ~・・・などと高望み
もしてしまいました。

しかし、曲の充実度はソートーなもので、
間違いなく「German Metalの名盤」であると
私は思います!^^
危険に満ちた、まさに「漢」のアルバムです!
(あっ、女性のかたもどうぞ^^;)

メイデンやメタリカが好きな方にもおススメかな。。。

「Black In Mind / RAGE」


インギーファンなら「ん?どっかで聴いたことあるリフだぞ?」
と思うかもしれませんね^^

スキンヘッドのおっちゃん、ピーヴィ・ワグナーが一生懸命
歌う姿はどこか微笑ましくありませんか!?^^;



このアルバムで、さらにRAGEへの愛が深まりました^^


(黄色が既聴アルバムです)

1.1986年 Reign Of Fear
2.1987年 Execution Guaranteed
3.1988年 Perfect Man
4.1989年 Secrets In A Weird World

5.1990年 Reflections Of A Shadow
6.1992年 Trapped!
7.1993年 The Missing Link

8.1994年「10 Years In Rage」
9.1995年 Black In Mind
10.1996年 End Of All Days
11.1998年 XIII

12.1999年 Ghosts

13.2001年 Welcome To The Other Side
14.2002年 Unity
15.2003年 Soundchaser
16.2006年 Speak of the Dead
17.2008年 Carved In Stone







The Missing Link / Rage (4/16 ^^;)

...2008/01/20 09:09...

「The Missing Link / Rage」
Rage Ml


RAGEの作品はこれで4枚目になるのですが、これもまた

「当たり」アルバムでした♪

いろいろなかたからの情報によると、どうやら一番ノッてた

頃のようですね。

前作「Trapped!」よりもアルバムとしてのまとまりが増して、

HMバンドとしての風格が出てきたように思います。
(まだ全アルバム聴いてないので推測ですが・・・^^;)


この時代のRAGEはまだ、後のアルバム「End Of~」に

あるような「重厚感」、「叙情性」は薄いですが、

キャッチーで耳に残る歌メロと印象的なギターリフという

“RAGE節”や、パワー溢れる突進サウンドがしっかりと

堪能できます♪



キラー・チューンもあります!^▽^/

3.「Refuge」は、“German Power Metalの代表曲”と言って

いい曲だと思います!

パワー、メロディともに秀逸な疾走チューンで、

理屈抜きでかっこいい。

後半、疾走パターンからいきなり静かな展開になるのですが、

そこからいきなりロケットスタートで再び疾走パターンへ、

という構成がたまりません^^

この曲、何回も聴き返しちゃいました^^

マンニのギター・ソロもカッコいいのですが、これにもう少し

German特有の“泣き”が備わっていたら間違いなく、

「German Power Metalのバイブル」になってたかな。


アルバムを一度通しで聴いて、後のRAGEにつながっていく曲

だなと感じたのが、11.「The Missing Link」

どこか憂いがあり、ヘンなコード進行のギター・リフも印象に

残ります。サビが歌いやすいというのもGOOD!です。


ボーナストラックの、13.「Another Kind Of Madness」は、

「歌ってるのはホントにP.Wagner?」と疑ってしまうくらい、

澄んだキレイな声で切ないメロディを歌いあげています。

アコースティックGuitarをフィーチャーした曲で、

「RAGEもこんな曲演れるんだ~」と感心しました^^;



端折りましたが、全曲入魂の一発!という感じで、

このアルバムも私の、「よく聴くCDラック」に

STAYです^^


ただひとつ惜しい点は、ドラムのスネア音です。

なんか軽いんですよねぇ・・・ 「ポンポン」言ってます^^;

「End Of~」のような叩きつけるような音だったら、

もうワンランク上の作品になっていたような気がします。



私のお気に入り順位は、非常に難しいのですが、

1.「End Of All Days」
2.「The Missing Link」
3.「Trapped!」
4.「XIII」


です。

ただ、もしRAGEを初めて聴く人に奨めるとしたら、私的には

現時点では、「The Missing Link」がおススメかな。


聴きこんでるうちに変わるかもしれませんが・・・^^;







RAGE 聴き込み始動

...2008/01/10 20:45...

RAGEのアルバムを調べてみた。

EPやBEST、LIVE、企画モノ、DVDなど全部あわせると

約40タイトルで、スタジオフルアルバムはどうやら

下の16枚です。
(抜けてたらフォローお願いします^^;)


1.1986年 Reign Of Fear
2.1987年 Execution Guaranteed
3.1988年 Perfect Man
4.1989年 Secrets In A Weird World

5.1990年 Reflections Of A Shadow
6.1992年 Trapped!
7.1993年 The Missing Link
8.1995年 Black In Mind
9.1996年 Lingua Mortis
10.1996年 End Of All Days
11.1998年 XIII
12.1999年 Ghosts

13.2001年 Welcome To The Other Side
14.2002年 Unity
15.2003年 Soundchaser
16.2006年 Speak of the Dead


しかしまぁ、なんという精力的なBANDでしょう!驚異的な

ペースです! 1996年なんて2枚リリース!?すげー!



以前に記事で書きましたがちょっと おさらいします。

一番最初に聴いたのが「End Of All Days」で、CD再生した

とたん、いきなり重速疾走ヘッドバンギングモードな曲が

始まって度肝を抜かれたのですが、これ、10thアルバム

だったんですね・・・(--;オクレテルー…


次に聴いたのが「XIII」。これも前作と同じ路線ですが、

疾走感は薄くなり、重厚感が強くなってます。しかし、

独特のRAGE節が印象に残る、個人的には好きなアルバムです^^


その次が「Trapped!」。私の、“RAGE=叙情派パワメタBAND”

という固定観念を壊したアルバムです^^;


「End Of~」や「XIII」がマイナーキー中心なのに対して、

「Trapped!」はメジャーキーを多用してます。耳に残る

キャッチーなメロディと、ミョーなリフやメロディ展開

が面白い^^



私のお気に入りの順番は、最初に聴いた印象が強いということと、

RAGEの“ミョーなメロディ”と“突進型パワー”に惚れましたので

現在のところ、

1.「End Of All Days」
2.「Trapped!」
3.「XIII」


です^^


「XIII」よりやっぱりさかのぼって聴こう! っということで、

今、「The Missing Link」を聴きこんでるトコです♪

これでやっと4/16枚です。道のりは長~い!^^;















CALENDER
06 ⇔ 2017/07 ⇔ 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
必聴!名盤!
最近のお気に入りです^^
Let's get rock!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。